猟師と鹿肉を食べる会

9月11日(火) 20:00 から

狩猟免許を持つ兄弟ユニット・狩猟兄弟さんと、

おもてなしユニット・てとてとさんをお招きして

「猟師と鹿肉を食べる会 #空き地のがっこう vol.3」を開催しました!

40234201_1823177504435466_8622884438633611264_o

冒頭では、獣害についてご紹介。

そもそも、野生動物が増えたのは…

戦後の造林計画や過疎化、積雪量の減少。

捕獲規制緩和が遅れたことや狩猟者の減少や高齢化など。

1809_08

私たちが獣害対策にできる第一歩は、

まず獣害の事実を知ること。

さらに、鹿や猪をもっと食べて猟師に

もっと注目を集めてもらえるようにすることではないのか、という仮説から、

狩猟免許を持つ兄弟ユニット・狩猟兄弟、

おもてなしユニット・てとてとさんにバトンタッチ!

1809_07

 てとてとのおふたりが、イベント前手際よくつくっていた

鹿肉たっぷりのローストサンドウィッチ!

1809_05

 お配りすると「おいしー!」「くさみって、ないんだね」などの声がチラホラ。

レモンが効いてさっぱりした味わいでした。

1809_10

 トークが始まると、「へー」と頷くことばかり。

みなさん、おふたりの話に興味津々。さまざまな質問が飛び交います。

突然の質問にも、おもしろおかしく答えてくれるのはさすがです。

1809_09

出身地である大分県玖珠町から持ってきてくださった鹿の角で

鹿の年齢トリビアや、シカトの語源は花札の絵柄にあったという事実も!

「玖珠は、電気柵が高くて、人間の方が動物園にいるみたい」と言われていたのは

非常に印象的でした。

1809_02

1809_03

龍貴さんがつくった鹿の角アイテム。

1809_01

 こちらは、米どころ玖珠町の米袋を、

福岡のアーティスト貞森Velo博喜さんと協業した

お財布やブックカバーなど。

1809_11

最後にパチリ。おいしくも、たのしい充実した夜となりました!

 

そして、来月は、あっという間に4回目!

木とネジでPIYOPIYOと鳴くおもちゃをつくろう #空き地のがっこう 開催です。(10/20開催予定)

ぜひお越しください。